マシンビジョンライティング株式会社
Machine Vision Lighting Inc.
 


● VISA(Variable Irradiation Solid Angle)照明を用いた撮像例(2)


(a)、(b)は金属鏡面上の径1〜2mm程度の微小な打痕で、従来型の同軸照明では深い傷は見えてもその周囲の僅かな傾きは見えないが、VISA照明では打痕の周囲の傾きを正確に抽出することができる。

(c)、(d)は500円硬貨の凹凸表面で、ミラー面ではない金属表面の状態を微小な傾きの変化として捕捉している。

(e)は、ナットの撮像例で、多層構造の照射立体角中のRGBそれぞれの角度によって、ナット表面の3D形状のカラーグラデーションへの変換後の結果が異なっている様子が分かる。

( e )