マシンビジョンライティング株式会社
Machine Vision Lighting Inc.

2017/06/12


招待講演:日本光学会                            


*****

光設計研究グループ第62回研究会

 「マシンビジョンに関わる光学および画像技術」

[日時]2017年7月14日(金) 10:10~17:35

[場所]キャンパスプラザ京都 

<http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access>

[詳細]

プログラムや申込方法は下記リンク先に掲載されております。

<http://www.opticsdesign.gr.jp/common/kenkyu-pdf/62nd-workshop.pdf>

*****





従来型照明の常識を変える、VISA可変照射立体角照明®

(第22回 VISION Award 受賞記念講演)

VISA-Method Lighting® (Variable Irradiation Solid Angle)

Overturning conventional wisdom about lighting

(The 22nd VISION Award commemorative lecture)


With conventional lighting, irradiating light uniformly over all points on the surface of an object that extends two-dimensionally is very difficult by any means other than using parallel light. With parallel light, there is no other degree of freedom; therefore, the only option is to use various shapes of light to seek lighting conditions that can compromise. VISA-Method Lighting enables uniform and constant lighting at all points on the surface of an object and as well as uniform lighting at each point within a certain solid angle range.  Furthermore, it allows the shape of the irradiation light to be freely adjusted.


 2016年11月にドイツのStuttgartで開催されたVISION 2016において、世界で初めて、照明技術がVISION Award 第1位を受賞した。VISION Awardは1996年に創設され、4年前から隔年になって今回で第22回目を迎えるが、照明技術がすべての画像関連技術の中で第1位を受賞するのは今回が初めてであり、それまで旧来の既に完成された技術だと思われていた照明技術が、一躍、画像関連技術を担う先進技術として世界に認められた。では、旧来の照明技術とは何が違うのか、マシンビジョンライティングという画像処理システム向け照明の最適化設計とは何か、について、今回、VISION Awardを受賞したVISA可変照射立体角照明(VISA-Method Lighting)の機能動作説明を中心に紹介する。



戻る


 
Made on a Mac

Copyright © 2017 Machine Vision Lighting Inc.