マシンビジョンライティング株式会社
Machine Vision Lighting Inc.
 
これまでの常識を覆す、
「新方式の検査用照明」
  V-ISA照明は、
被写体面上の全ての点で
その照射条件を一定にし、
その各点に対する光の照射形態を、
すべて均一に、
しかも任意の形態に制御することができる。

* 照射立体角とは、物体面の各点に対して照射される光の角度範囲のことで、
各点を頂点とし、任意形状の底面を持つ錐体で表す。

V-ISA照明は、
従来照明では難しかった、光沢面や金属面の表面形状を、
正確な3D情報として、定量的に抽出し、
レーザーなどのように、スキャンすることなく、
1ショットで、
1枚のカラー画像として、
取得することができる。


1.V-ISA照明では、被写体面の各点に対する光照射条件を、被写体までの距離に依存せず視野内で均等に設定することができる。 

                        


       
     



          ● 輝度、照度、照射光軸、照射立体角(照射角度範囲)を均等に設定できる。

          ● 粗面上の欠陥など、検出条件が厳しい特徴点安定に検出できる。


2. V-ISA照明では、 被写体面の各点に対する照射立体角形状を、均等に、任意の形状に設定することができる。(明視野/暗視野)



      



         ● 各点への照射光を、 任意の照射形状に設定できる。

         ● 検出条件によって照射光を均等に最適化し、的確に特徴点を検出できる。

         ● 1ポイントの絶妙な最適化条件を、面やラインに均等に設定できる。

         ● 金属梨地面など粗面上の検出条件の厳しい特徴情報を安定に抽出できる。

         ● ラインカメラ等でのキワ照明を、方向依存性無しに安定に実現できる。



3. V-ISA照明では、 各点に、同一条件で、多層構造を持つ照射立体角を均等に形成することができる。




    


                      (a)   RGBそれぞれ、任意の角度範囲で照射立体角を形成。

                      (b)   被写体面の高さや傾きに拠らず、均等に形成される。


        ● RGBの照射角度範囲は、抽出したい情報によって最適化が可能。

        ● 物体面の傾き情報RGB情報に変換して、1ショットで直接撮像可能。

        ● 3D形状を、その微分画像として的確に捕捉することが可能。


4.照射範囲の形状を、被写体の形状に合わせて任意に設定可能。


   


                            ● 必要な範囲のみに、照射光を照射することができる。

                            ● コネクターなどの入り組んだ検査対象にも自在に対応可能。




1.V-ISA照明は、その照射範囲ごとに、4つのシリーズがある。





  θmin:設定可能な最小照射立体角

  θmax:設定可能な最大照射立体角




● 照射範囲(照明の長手方向S-FOV、短手方向L-FOV)は、使用する照射立体角の平面半角(θ)と、照明と被写体との距離(LWD)によって決まる。




 
・なお、この新方式のVISA照明の最適化手法については、国の公的機関、千葉幕張の高度ポリテクセンターにて年8回実施されている、
セミナー「マシンビジョン画像処理システムにおける新しい照明技術」の
基礎編、応用編、実践編、発展編でご紹介している最適化技術が必須であり、
中でも、

  応用編 が その基礎理論に詳しく、
  実践編 では その技術の本質部分を学ぶことができ、
  発展編 では 実際にV-ISA照明を使用して

その最適化設計技術の習得を目指します。

 
V-ISA 可変照射立体角 照明
Variable Irradiation Solid Angle Lighting
Patent pending
EnglishProducts_e-1.htmlshapeimage_6_link_0